ノアンデ デトランスα

ノアンデとデトランスα買うならどっち?

ノアンデ,デトランスα

 

海外製で有名な制汗剤にデトランスαという商品があります。
これは文字通り制汗で、汗を止める作用があります。

 

 

ノアンデとデトランスαの比較

 

  ノアンデ デトランスα
初回の値段 5356円 3500円
2回目以降の値段 5356円 5400円
返金保証 120日間返金保証 ×
主成分

イソプロピルメチルフェノール
フェノールスルホン酸亜鉛

塩化アルミニウム
作用 収斂作用で汗を抑えつつ殺菌・消臭しにおいの発生を防ぐ 汗腺を塞ぎ汗を抑えることでにおいの発生を防ぐ
副作用 なし かゆみ、痛み、肌荒れ
敏感肌でも使えるか ×
デザイン ×
おまけプレゼント ノアンデクリアピールモイスト(ピーリングジェル) なし
その他の部位への使用 足やデリケートゾーンもOK 脇のみ
配達日数 即日発送で2日ほど 海外取り寄せのため7~10日ほど
生産国 日本製 海外製(デンマークで開発)

 

 

ノアンデとデトランスαの作用の違い

 

ノアンデとデトランスαの作用の違いについて解説します。

 

ノアンデは、収斂作用で肌を引き締め汗を抑えます。そのうえで、殺菌や消臭することで臭いの発生を防ぎます。

 

 

デトランスαの制汗作用

 

ノアンデ,デトランスα

 

一方のデトランスαは有効成分が汗と反応しできる生成物によって汗腺を塞ぎ汗を止めます。

 

物理的に汗腺を塞いでしまうので、汗を止めるという観点でいえばデトランスαの方が効果があります。

 

汗が出なければ細菌に分解される臭いのもとがなくなるためワキガ臭が発生しないのです。

 

汗腺を塞いでいた生成物は、肌のターンオーバーに合わせて自然に排出されます。

 

また、本来出るはずだった汗は尿として排出されるので問題はありません。

 

 

デトランスαの副作用

 

デトランスαを使う際に必ずついて回る問題が副作用です。

 

副作用はかゆみ、痛み、肌荒れなどがあります。

 

これはデトランスαと汗が化学反応する際に副産物として塩酸ができ、それが刺激となり引き起こされます。

 

特に敏感肌の人が使用するのには注意が必要です。

 

また、デトランスαは継続して使用すると肌が慣れて効果が薄くなる可能性があります。

 

定期的に使用を中止し、肌を休めることをおすすめします。

 

 

まずはノアンデを使用しましょう

 

どちらも使用したことがないのであれば、まずはノアンデをオススメします。

 

制汗・消臭効果も高く、肌に負担が少ないためです。また効果を感じられなければ返金もできます。

 

これらの理由で最初はノアンデから使用してみるといいでしょう。

 

万が一、ノアンデが体質に合わず効果が感じられなければデトランスαを試してみましょう。

 

制汗作用の考え方が全く違うため、ノアンデでダメでもデトランスαで効果が得られる可能性があります。

 

デトランスαに副作用はありますが、制汗作用が高く海外や国内でも多くの人に使われています。

 

ノアンデ,デトランスα

 

ノアンデ,デトランスα